お庭の一部としてのウッドデッキ

ウッドデッキは非常にプライベートな空間の一つといえます。
リビングなどのスペースから直接外に出られる空間ですから、
気持ち的にもお家の中にいるときのように過ごしたいという人も多いことでしょう。
しかし、ウッドデッキは屋外空間であり、部屋というよりも
お庭の一部として認識されている点に注意しましょう。
すなわち、外を歩いている人たちやお隣のお家からウッドデッキが見られる可能性も高いということです。
今回は、お庭の一部として機能するウッドデッキを作成するうえで、気を付けたいポイントをご紹介します。

ウッドデッキを作成する前には、そのスペースをどのような目的で
使用するのかについて考える必要があります。
例えば、洗濯物を干すスペースとして活用したいというイメージがあったとしましょう。
洗濯物を他の人に見られたくないという場合は、ウッドデッキの支柱を伸ばして、
お宅の外の道路や隣家から見えないように壁を作るという方法で視界を遮るのがおすすめです。
ただし、こうすると日差しも遮断することになるので、完全な壁にするのではなく、
簀の子のように隙間を開けたタイプの壁を採用すると、風通しと日差しを確保することが出来ます。

壁を設置するというのは最近のウッドデッキでは良く見られる手法です。
プライバシーという考えが広がったと同時に、外の空気を浴びながら
自分一人の空間としてウッドデッキを活用する人も増えているのです。
居住性を高めるのであれば、屋根を設置するというのも一つの手段です。
ウッドデッキの隅に立てた柱を活かし、布を幌のような形で張るという
シンプルな屋根が作りやすいかもしれません。

もっと工夫を重ねるのであれば、自宅の外壁からシェードのような素材の布を張り、
ウッドデッキの支柱と連結させるというものもあります。
こうした屋根付きのウッドデッキは、小屋のように見えることも多いので、
お庭全体の印象が華やかものに変わるのです。
玄関口に近い庭にウッドデッキを設置するのも良いですが、
いわゆる裏口や裏庭にウッドデッキを作成して、
よりプライベート感の強いスペースとして活用するのもおすすめです。

ガーデニングや家庭菜園など、ちょっとした趣味を楽しみたいけれど、
人目につくのは困るといった場合はウッドデッキを裏庭に作ることでその欲求をカバーすることが出来ます。
家庭菜園の場合、あまりに大っぴらにしていると、育てた野菜を盗まれる可能性も出てきます。
裏庭に作るウッドデッキは秘密基地としての要素が強い傾向にありますが、
住宅の密集具合や間取りによっては、それでも人目に触れてしまうこともあるのでご注意ください。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です